Misao Ladies Hospital医療法人セントポーリア 操レディスホスピタル

〒502-0846岐阜県岐阜市津島町6-19TEL 058-233-8811
[ 当院は完全予約制です ]フリーダイヤル 0120-307-330
アクセス 予約システム

当院の無痛分娩Labor analgesia

[1] 目的

無痛分娩の目的は、薬剤を用いて分娩の際の痛みを軽くすることです。「無痛分娩」と呼ばれますが、何も感じない状態ではありません。陣痛や出産の痛みをすべて失くすのではなく、耐えられるくらいに抑えるようにします。それによって、リラックスした状態でお産をしていただければと思います。

[2] 無痛分娩の方法:硬膜外麻酔

当院では硬膜外麻酔を用いた無痛分娩を行っています。硬膜外麻酔は、分娩時の鎮痛法として最も一般的です。鎮痛効果が高く、お母さまや赤ちゃんへの悪い影響がとても少ないのが特徴です。硬膜外麻酔は、硬膜外腔という場所に麻酔薬を投与します。細くてやわらかいカテーテルを腰から留置して、麻酔薬を硬膜外腔に届けます。そこからゆっくり麻酔薬が脊髄神経に作用することで陣痛の痛みがやわらぎます。

[3] 無痛分娩ができないケース

下記に当てはまる妊婦さまは無痛分娩ができない場合があります。事前に血液検査で確認を行いますが、出産直前に判明した場合でも無痛分娩を中止することがあります。

  • 出血傾向や血液凝固障害がある場合
  • 穿刺部位や全身の感染がある場合
  • 極度の脱水や出血などで循環動態が不安定な場合
  • 進行性の脊髄病変がある場合
  • 心疾患の一部(末梢血管拡張が望ましくない場合)
  • 麻酔薬にアレルギーがある場合

[4] 無痛分娩の実際

  1. ❶ 無痛分娩の開始時期
    陣痛が周期的に来て、分娩の進行がみられたタイミングで硬膜外麻酔を開始します。他に、妊婦さまが希望するタイミングで麻酔を開始することもあります。
  2. ❷ 姿勢の保持
    背中の骨の間隔を広げるために、横向きに寝た姿勢(もしくは座った姿勢)で背中を丸めます。そうすることで硬膜外カテーテルがよりスムーズに挿入できます。
    横向きに寝た姿勢
  3. ❸ 麻酔薬の投与
    硬膜外カテーテルの留置の痛みをできるだけ軽減するため、皮膚に痛み止めの注射を行います。
  4. ❹ 硬膜外カテーテルの留置
    腰のあたりから硬膜外腔に、細くてやわらかいカテーテルを挿入します。
  5. ❺ 麻酔薬の注入
    硬膜外腔に入れたカテーテルから鎮痛麻酔薬の注入を始めます。
    硬膜外カテーテル挿入位置
  6. ❻ 麻酔効果の判定
    定期的に、陣痛の痛みを確認します。痛みが強いときは、適宜麻酔薬を追加します。逆に、お腹の張りが全然感じないくらいに麻酔が十分効いているときや、分娩の進行具合によって、一時的に麻酔を止める場合もあります。
  7. ❼ 硬膜外カテーテルの調整
    麻酔効果が不十分な場合は、カテーテルの位置調整や再挿入を行うことがあります。まれに、位置調整や再挿入を行ったとしても期待するほどの麻酔効果を得られない状態が続くこともあります。
  8. ❽ 無痛分娩の終了
    分娩が終わり、会陰縫合などの処置も終了したらカテーテルを抜きます。頃合いをみて、歩行や食事を再開します。授乳への影響はなく、麻酔を使わなかったときと同じように授乳することができます。

[5] 無痛分娩中の過ごし方

食事
麻酔の使用中は食事ができません。水やお茶、清涼飲料水は飲むことができます。飲んでもよいものであるかを事前にスタッフに確認してください。
歩行
麻酔の使用中は歩行ができません。足の感覚や動きが鈍くなるため、歩行時に転倒してしまう可能性があるためです。そのため、麻酔使用中は基本的にベッド上で過ごしていただきます。
排尿
麻酔薬の使用中はベッド上安静となるのでトイレに行くことができません。他にも、麻酔による影響で尿が出づらいことがあります。必要に応じて、細い管で導尿します。その際、麻酔が効いているので痛みはありません。
妊婦さまの体勢
下半身の感覚や動きが鈍くなるため、神経の障害や皮膚のトラブルが起こることがあります。長時間同じ体勢にならないよう、スタッフがからだの向きを変えるお手伝いをします。
ベッドサイドモニターの装着
麻酔使用中、妊婦さまの状態を常にチェックするため、頻回に血圧などのバイタルサインを計測するモニターを付けます。
胎児心拍陣痛モニターの装着
赤ちゃんの状態を常に確認するため、麻酔開始後から生まれるまで胎児心拍陣痛モニターを付けます。

[6] 起こりえる副作用や合併症

どのような医療行為でも避けることができない副作用や合併症は起こりえます。当院では、副作用や合併症が起こらないように、また、もし起きた場合でも適切かつ迅速に対応できるよう準備をしています。

分娩の遷延
麻酔の影響により、お産の進行がゆっくりとなることがあります。それに伴って、子宮収縮薬による補助や器械分娩(吸引分娩)が必要となる頻度が高くなります。ただし、無痛分娩を行うことによる帝王切開術の可能性は変わらないと言われています。
胎児心拍数の一時的な低下
麻酔薬の影響や血圧低下により、無痛分娩を開始した直後に胎児の心拍数が低下することがあります。酸素の投与など適切に対応することで、赤ちゃんに影響することはほとんどありませんが、胎児心拍数が回復しない場合には、緊急帝王切開術を行うことがあります。
血圧低下
麻酔の影響で妊婦さまの血圧が一時的に下がることがあります。点滴を増やす、血圧を上げる薬を使用するなどで対応し、妊婦さまや赤ちゃんに問題がないようにしていきます。
穿刺部痛
硬膜外麻酔カテーテルの留置部位に痛みを感じることがあります。一時的なものが多いですが、長く続く場合は検査等行います。
掻痒感
麻酔薬の影響で、からだにかゆみを感じることがあります。多くの場合、我慢できないようなかゆみではありませんが、つらい場合は薬剤などで対応します。
発熱
麻酔薬の影響で、熱が出ることがあります。からだを冷やすクーリングを行います。他に、発熱の原因を調べるために採血などの検査が必要となる場合があります。
頭痛
硬膜外麻酔によって、1週間くらい頭痛が起きることがあります。
硬膜外カテーテルの遺残
硬膜外カテーテルが体内に残ることがあります。

〈極めてまれだが重篤な合併症〉

硬膜外血腫・膿瘍
硬膜外カテーテルを留置した周囲に血のかたまり(血腫)や膿のかたまり(膿瘍)を作ることがあります。カテーテルを抜いた後に足の痛み、しびれの増強、足に力が入りにくいなどの症状があります。
神経障害
無痛分娩のあと足にしびれや感覚異常が起きることがあります。多くは数日で消失しますが、まれに数ヵ月から数年単位で持続することがあります(無痛分娩との直接因果関係のない、分娩そのものに起因するものもあります)。
高位・全脊髄くも膜麻酔
硬膜外麻酔で使用するカテーテルがくも膜下に迷入し、麻酔が広範囲に効きすぎることがあります。麻酔使用の直後に、足が動かない、腕までしびれる、息が苦しいなどの症状が起こります。
局所麻酔薬中毒
麻酔薬の投与が多くなった場合や、血管への注入などが原因で起こります。麻酔薬の血中濃度が高くなりすぎることにより、舌や唇がしびれ、けいれん、意識障害などを起こすことがあります。
薬剤アレルギー・アナフィラキシーショック
薬剤に対するアレルギーが原因で、血圧低下や意識障害が起こることがあります。

なお、十分注意していても起こる合併症(偶発症)はすべて説明しきれるものではなく、上記以外にも起こることがあります。

[7] 有効性と不確実性

  • 硬膜外麻酔を行うとほとんどの方は痛みがやわらぎます。しかしながら、麻酔効果には個人差があります。本人が期待するほどまで痛みが軽減しない場合があります。
  • 状況によって(担当医師やスタッフ不在時、他に緊急対応時など)、無痛分娩ができないこともあります。そこで、分娩の日取りをあらかじめ計画し、自然な陣痛を待つかわりに陣痛誘発促進剤等を使用する、いわゆる「計画無痛分娩」を行う場合もあります。
  • 急激に分娩が進行したときや、お産直前に硬膜外麻酔を希望するときなどに、強い痛みから麻酔のための姿勢を取れない場合があります。このような場合は、無痛分娩ができない可能性があります。

[8] 費用

当院での無痛分娩の費用は、通常の分娩費用に加え 10 万円(自費診療)になります。無痛分娩の麻酔効果が不十分であった場合も、無痛分娩費用は一律にかかります。無痛分娩の麻酔をしている時間が短い場合も長い場合も、深夜や休日であっても費用は変わりません。

上へ