Misao Ladies Hospital医療法人セントポーリア 操レディスホスピタル

〒502-0846岐阜県岐阜市津島町6-19TEL 058-233-8811
[ 当院は完全予約制です ]フリーダイヤル 0120-307-330
アクセス 予約システム

凍結保存更新について

平成28年5月以降に採卵や精子凍結をされた方から更新方法が変更となりました。
胚の凍結保存期限は採卵日から、精子の凍結保存期限は採取日からそれぞれ1年間です。1年を超えて保存を希望される場合は、1年毎に継続手続きが必要となります。また、保存した凍結胚や凍結精子を破棄する場合にも手続きが必要となります。各手続きは採卵日、または精子凍結を行った日と同月の1ヵ月間のみ受け付けています。
[例] 平成27年4月1日が採卵日の方は、平成28年4月1日〜30日の間に保存の継続手続きを行ってください。それ以降も継続を希望される場合は、1年毎の4月中に手続きが必要です。

凍結保存の継続を希望される方

ご来院の上、受付へ依頼書の提出と1年間の延長保存料金をお支払いください。
費用は21,600円(税込)です。お支払いにはクレジットカードもご利用できます。
領収書の発行をもって手続き完了となります。手続きは診療時間内のみ受け付けています。

凍結保存の継続を希望されない方

ご来院の上、受付へ依頼書(2種)を提出してください。
手続きは診療時間内のみ受け付けています。

注意事項

  • ・当院からの保存期限の通知義務はありませんので、ご注意ください。
    ご自身で凍結保存の期限を把握され、期限日までに必要な手続きをお済ませください。
  • ・遠方のためご来院が困難な場合や、期限日までにご来院し手続きができない場合はご相談ください。
  • ・確認のため、当院からご連絡させていただく場合もありますのでご了承ください。
  • ・期限日経過後、各手続きがない場合は、凍結保存申し込み時の内容に従い、破棄させていただくことがあります。すでに破棄されている場合の異議申し立ては一切受け付けません。
  • ・2回以上の採卵の凍結胚や凍結精子がある場合は、日付の1番古い採卵日または精子凍結日を期限とし、年に1回の手続きで保存を継続します。
  • ・凍結胚は、離婚された場合、またはご夫婦のどちらかが死亡された場合、保存の継続はできません。
上へ