Misao Ladies Hospital医療法人セントポーリア 操レディスホスピタル

〒502-0846岐阜県岐阜市津島町6-19TEL 058-233-8811
[ 当院は完全予約制です ]フリーダイヤル 0120-307-330
アクセス 予約システム
中部エリア周産期施設初導入!

血圧見守りサービス

妊娠期間だけ、当院から血圧計を借り受けて家庭血圧を管理するサービスです。
測定の都度、結果が自動送信されますので、書き留めたり、ノートを病院に持参したりする必要がありません。

ご存じですか?妊娠高血圧症候群(PIH)

妊娠高血圧症候群(PIH)とは…
妊娠中に血圧が高い状態をいいます。このうち、妊娠によって血圧が高くなり、腎臓の異常を示すタンパク尿を伴うものを妊娠高血圧腎症、伴わないものを妊娠高血圧といいます。また、もともとあった高血圧やタンパク尿が妊娠によって悪くなることを加重型妊娠高血圧腎症といいます。いずれも母子に重大な障害を起こすもととなり、まれに生命の危険にさらされることがあります。
こんな方は要注意!
出産年齢の高齢化で妊娠高血圧症候群は増える傾向にあります。国内で毎年100万人強いる妊婦さまのうち、約10%が妊娠高血圧症候群になり、うち約1%の妊婦さまが帝王切開や救急搬送など、重い状態に陥っています。妊娠高血圧症候群のリスクは誰にもありますが、とくに注意が必要なのは35歳以上、初産、多胎、肥満(BMI25以上、または体重55kg以上)、もともと血圧が高めの方です。
家庭血圧を測りましょう。
残念ながら、妊娠高血圧症候群の原因はまだ良く分かっていません。したがって、確実な予防法もないのです。しかし、妊娠高血圧症候群の中心は高血圧であるため、血圧をしっかり観察することで早期発見でき、万が一かかってしまった場合でも、早い段階で効果的な治療が受けられます。家庭血圧は、血圧の動きを日々観察し、急な動きを見つけられる唯一の方法です。
上へ

妊娠高血圧症候群は、妊婦さまの10人に1人がかかる頻度の高い病気です。
本サービスは、オムロンの血圧管理システム「Medical LINK」を使用し、妊婦さまの血圧を当院のスタッフがきめ細かく見守ります。健診日以外の血圧も安心してお任せください。

上へ